「浮気をしているんでしょう ― 興信所(探偵)に夫の不倫調査を依頼した復讐妻の物語

「浮気をしているんでしょう ― 興信所(探偵)に夫の不倫調査を依頼した復讐妻の物語

「浮気をしているんでしょう ― 興信所(探偵)に夫の不倫調査を依頼した復讐妻の物語

「今いるところから近いから」という、それだけで探偵を決めてしまうのは浅はかです。関心のある事務所を何社か選定して、それらの探偵を比較した方がうまく行くでしょう。

探偵事務所はたくさんありますが、その中には無料相談を受け付けているようなところもあって、24時間体制で電話での相談を展開中なので、突然夜中に電話してみても、親身になって話を聞いてもらえます。

あなたの夫や恋人が、「知らない人と浮気をしているように感じる・・・」などと一回疑いを持ってしまうと、何でもかんでも疑うようになるでしょう。探偵のホームページには浮気チェックの項目がリストされていますから、それを利用してみるのが賢いやり方です。

離婚裁判の中で、相手が不貞行為をなしたということを明らかにする浮気の証拠を突き付けることができたら、主導権を握りながら離婚裁判を進めることができるでしょう。決定的な証拠を押さえることを心がけましょう。

妻の浮気に気づいた場合は、確固とした証拠を見せて、有利な状態で話し合いをするべきです。それには、まず探偵に調査を頼むようにしましょう。

自分自身で浮気調査をすることもできるでしょうけれど、手間ひまがかかってかなりしんどいです。調査にかかる費用は多少必要ですが、探偵に依頼した方が賢明です。

「高い費用は調査能力の高さを示す」とか「安い費用、それは調査能力の低さに通じる」といった相関はないと言っていいと思います。探偵料金と探偵の持っている調査能力はほとんど比例しないというのが実際のところなのです。

浮気の慰謝料の支払いを求められ、支払う義務があると思ったからといって、収入がない人の場合は支払うことはできないでしょう。借金を抱えている人の場合も経済的に困るので、慰謝料を減らしてもらえるはずです。

探偵の取り扱う案件は、大半が浮気・不倫調査ですから、探偵は浮気についての知識がある上、法的なことについても詳しい知識があります。浮気相談する先として見てもこれ以上ないと言えるでしょう。

探偵に調査をお願いした場合は、それなりに費用が必要になるのはやむを得ないことと受け入れてください。依頼内容相応の費用と言えるかを確認するためにも、探偵料金の見積もりを出してもらうようにしましょう。

素行調査を探偵にやってもらったら、「人と会ったときの日時・場所・相手・目的」といったことについての詳しいレポートをもらうことができます。気掛かりな日常的な行動を、細かく知るようなことが簡単にできるんです。

浮気の慰謝料を支払うことを求められ ― 興信所(探偵)に夫の不倫調査を依頼した復讐妻の物語

だれかと不倫したら、相手のパートナーから慰謝料の支払いを要求される場合もあるはずです。夫婦と言える関係が、不倫の始まる以前に破綻と言える状態だったのならば、浮気の慰謝料を支払う必要はないと言えます。

「浮気をしているんでしょう?」と問いただしたりすると、「自分を疑うなんて!」とかえってあなたが罵声を浴びせられることもあります。浮気チェックを行なって、浮気しているのかどうかを見定めておくといいでしょう。

結婚の話が出たときに、ひとまず素行調査をするという人は案外多いようです。結婚した後に、多額の借金があると判明しても遅いわけですから、正式に夫婦になる前に相手のことを知り抜いておいてください。

もちろん調査が済んだら、調査にかかった費用の清算をする必要があるのですが、すぐには支払えないという方もいて当然です。探偵料金のクレジットカードでの支払いとか後払いとかも可能だという事務所も少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です